エミー賞の技術部門を受賞した日本人、日本企業

エミー賞の技術部門を受賞した歴代の日本人や日本企業を一覧表(リスト)にしました。エミー賞はアメリカのテレビ業界の賞ですが、米国以外の人も選考対象になっており、世界的に権威が高いです。このうち、「技術・工学エミー賞」は、テレビの技術の進歩に大きな貢献をした個人や組織に贈られます。テレビや映像の分野で働く技術者にとっては、最高級の栄誉の一つとされています。

部門と種類

エミー賞の技術に関する賞としては「フィロ・ファーンズワース賞」「技術・工学エミー賞」という2つの部門(カテゴリー)があります。

フィロ・ファーンズワース賞

「フィロ・ファーンズワース賞」(The Philo T. Farnsworth Award)は、エミー賞の中でも最高のステータスとされる「プライムタイム・エミー賞」の技術部門です。世界初の完全電子式テレビを発明したフィロ・ファーンズワースに由来しています。長年にわたってテレビ技術に貢献した企業や団体に贈られます。2003年に創設され、2016年にNHKがアジア企業で初めて受賞しました。毎年10月ごろ発表されます。ATAS(テレビ芸術科学アカデミー)が主催しています。

技術・工学エミー賞

「技術・工学エミー賞」(Technology & Engineering Emmy Award)とは、テレビ技術の発展に貢献した個人や企業に与えられる賞です。1948年に創設されました。これまでに、ソニーやパナソニック、青色発光ダイオードを発明した中村修二教授など、多数の日本人や日本企業が受賞しています。毎年11月ごろ発表されます。NATAS(米国テレビ芸術科学アカデミー)が主催しています。

フィロ・ファーンズワース賞の歴代受賞者

受賞者 理由
2016 NHK 放送技術への貢献

技術・工学エミー賞の歴代受賞者

受賞者 理由
2016 朋栄(FOR-A)
共同受賞
即時リプレイとHD超の制作技術
2014 平井一夫(ひらい・かずお)
(ソニー 社長兼CEO)
特別功労賞
2013 パナソニック 放送カメラ用CAC(色収差補正)技術の開発
朋栄YEMエレテックス シリアル・デジタル・インターフェース(HD-SDI)規格の開発、標準化と高品位の製品化
ソニー
2012 ソニー 業務用25型有機ELマスターモニター「BVM-E250」
2011 中村修二
(カリフォルニア大学サンタバーバラ校・教授)
青色発光ダイオードの実用化
パナソニック 放送用半導体収録システムP2
ソニー デジタルシネマカメラ「ジェネシス」、デジタルシネマカメラ「F35」